【症例紹介】歯根膿瘍による瘻管形成の犬の1例

こんにちは高崎市安藝動物病院です。

今回は歯根膿瘍の患者さんの紹介です。

高齢の男の子のワンちゃんです。

目の下に皮膚炎があるとのことで来院されました。

よく見てみると目の下に瘻管があり、そこから排膿していました。

歯には歯石も付着しています。

おそらく、歯周病の悪化により瘻管形成したものと考えられます。

根治的治療法は抜歯です。

抗生剤の投与により、炎症が落ち着いてきたところでスケーリングと抜歯を行いました。

歯石除去、スケーリング、抜歯

瘻管形成していたと考えられる前臼歯です。

歯根に重度の歯周病が起きていることがわかります。

重度の歯石付着、歯周病の場合、全身麻酔下でスケーリング、抜歯を行うことが重要です。

麻酔に不安をお持ちのかたは獣医師にご相談ください。